人気の観光地 お台場

東京は観光地の多さでも注目されていますが、そのタクシー求人の多さからも人の多さなどを把握できるかもしれません。東京の観光地にはさまざまな場所を挙げることができますが、なかでもテレビ局のあるお台場は人気のスポットです。電車やバスなどのアクセス方法もあるのですが、時間をかけずにタクシーを利用されて行くという方もすくなくありません。しかし台場駅やお台場海浜公園駅にはタクシー乗り場はありませんので、タクシー乗り場を探すのであれば、東京テレポート駅前、ホテル日航東京、ホテルグランパシフィックメリディアンなどまで行かなければなりません。
しかし流しといわれれる空車で走っているタクシーも多いので、わりとすぐにタクシーは見つかるようになっているといえるでしょう。とくに平日の夕方から深夜にかけては、仕事帰りのサラリーマンをねらってかなりのタクシーが客待ちをしています。しかし休日の朝や夕方から夜も渋滞を嫌ってかタクシーが少なくなってしまいます。またお客目線ですが、客待ち待機するタクシーの方が地元に精通しているので、流しは避けられる傾向があるともいわれています。そのようなわけで、時間帯・天候にもよりますが東京駅八重洲口は公認タクシーのりばで順番を待つ列が長くる傾向があるといわれており、八重洲口から大丸東京店前の信号下へ移動して、そこで客が降りたタクシーを狙うという方も少なくないようです。
タクシードライバー目線で注意しなければいけないポイントとしては、銀座付近から晴海通り経由は、築地市場での買物客による渋滞にまきこまれてしまうことがあるので注意が必要です。東京はただでさえ交通量が多いですので、タイミングによってはメーターばかり上がっていってしまうということもあります。基本的にフジテレビ周辺道路というのは、都営バス・無料巡回バス(ベイシャトル)・観光バスなどで道路は常に混んでいますので、タクシーであっても他の場所に行くにはある程度の時間が必要だといわれています。また利用する側の注意ですが、お台場近くは、長時間停留が出来ないので、小銭などを準備しておくと安全に運転ができるといわれていますので、この点で協力していきたいものです。またお台場から乗る場合、経路をはっきり言わないと、レインボーブリッジに行ってしまうという傾向があるようですので、どこを経由してどこに向かって欲しいのかをはっきり伝えるようにしましょう。