はじめてみませんか。夢がかなう仕事があります。

40代50代の方へ。人生はこれからです。一緒に夢をかなえましょう。

人気の観光地 浅草でのタクシーのお仕事です

日本の伝統が残されている浅草は外国人などからも人気のスポットです。東京にタクシー求人が多いのも、東京にそのような観光スポットが多いからだといえるでしょう。実際に浅草には東京タクシーセンター公認のりばが設置されており、東武伊勢崎線、地下鉄銀座線、東武浅草駅)の両側に1ヶ所ずつ見つけることができます。蔵前・浅草橋・本所・業平橋・両国方面に行くのであれば西側乗り場が良いですし、馬道・曳舟・向島・南千住・入谷方面に行きたいのであれば東側乗り場を利用することができるでしょう。しかし8時~20時までは吾妻橋交番前の交差点が右折禁止になってしまいますので、西側のりばから田原町・上野方面へ行く場合、タクシードライバーは注意が必要です。
ちなみに都営浅草線の付近には公式乗り場がなく、朝の通勤時間帯は停車も難しいことからなかなか空車のタクシーを見つけるのは難しい状態にもなっています。つくばエクスプレス線(3ヶ所)の出口周辺には公認乗り場がありますので、明治通り・三ノ輪・千住大橋方面に行きたいのであれば、そこからタクシーを探すことができます。このほかにも浅草には地下鉄やらバスなどが便利になっており、人でごったがえしています。浅草の見所といえばやはり江戸時代以前からの街並みの様子、そして人形焼や揚げまんじゅう、焼きたてのおせんべいなどの食べ物でしょう。雷門の入り口付近には、人気の人力車というのもあり、多くの方に利用されています。
さらに浅草を語るうえで欠かせないのが「浅草演芸ホール」でしょう。ここでは落語や手品、漫才などが見られますし、近くにある「花やしき」では日本で最も古い遊園地で遊ぶことができるようになっています。ちなみに「浅草演芸ホール」で行なわれている催し物に関しては、浅草演芸ホールのホームページで公演内容を見ることができるようになっていますので、事前に調べてみると良いでしょう。
またよくお土産として選ばれる浅草名物としては、雷おこしや芋ようかん、小物でいえばかんざしや付け櫛などが喜ばれるといわれています。観光客のお客様を乗せるという時には上記のような見所や、喜ばれるお土産などを紹介してあげると良いかもしれません。東京の場合には鉄道、バスの一日乗車券などがありますが、路線と観光地の場所を把握していないと容易に迷ってしまいますので、観光の際にはタクシーを利用される方が少なくないといわれています。